車のなかのトランスミッションについて

意外と知らない自動車に関する基礎知識
車は普段の足代わりに乗る軽自動車から、アウトドア派に人気なSUVタイプの車の他にも家族向けのミニバンといった色んなタイプの車が存在します。そんな車ですが、運転に必要なのがトランスミッションです。これには大きく分けて2種類が存在しています。最近のくるまでは多くなってきて、ほとんどの人がこのタイプの車を乗っているAT車です。これはオートマチック車と呼ばれるトランスミッションになり、運転している最中に自分でギアのチェンジをしなくてもよいタイプの車になります。もう1つのタイプはMT車になります。マニュアルシフトと呼ばれるトランスミッションの車になり、ギアチェンジを速度に応じて自分自信で一番最適なギアを選んで変更する必要があります。

その為、普段の足代わりに自動車を利用する人や、アウトドアでドライブをのんびりする人や、家族づれでミニバンなどを運転する人にとっては、トランスミッションはオートマチックが一番最適と言えます。いちいちギアチェンジをする必要がないため、運転にだけ集中することができます。ですが、趣味で車の運転をしているという人や、曲がりくねった峠道といった場所をこのんで走るような人は、形状タイプはクーペタイプを好み、トランスミッションも自分で速度に応じて適切なギアにチェンジをして運転をするマニュアルシフトを好む傾向があります。ただ、都会の渋滞のときはオートマチックがとても便利ですが、渋滞時のマニュアルシフトはとても疲れてしまうでしょう。また、最近ではほとんどがオートマの車が多く、スポーツカータイプくらいしかマニュアルシフトはなくなってきているのが現状です。

おすすめリンク

Copyright 2017 意外と知らない自動車に関する基礎知識 All Rights Reserved.