都市部と地方での車に関する事情の違いについて

意外と知らない自動車に関する基礎知識
車を巡る事情は、都市部と地方ではずいぶんと異なります。まず、都市部では、交通インフラが整備されていることが多いです。そのために、車がなくてもある程度の移動は可能です。ですから、車がないから生活が不便だと思われている方はさほど多くはないと思います。逆に、都市部では土地が不足している、土地が高値なため、車を停めておくスペースの確保が難しい、その分のスペースに払うお金が、車にかかる維持費も含めてとても高くつくと言うことも考えられるため、むしろ車を持つことなんて考えたこともないと言う方も多いのではないでしょうか。

しかし、地方ではこうはいきません。地方の多くは、中心部を除けば交通インフラはほとんど整っていません。バスが通っていたとしても、一時間に一本、走っているかいないか、電車も朝夕を除けば来ない時間もあるというのが現状あり、またそもそもそのバス停や、駅まで行くのにも時間がかかると言うのが現状です。そのために、車を持っていなければ買い物に行くことや、ちょっとした移動すらできません。ですから、家族四人暮らしの場合、一人に一台の割合で車も四台所有しているというのはごくごく当然のことです。

自分の好きな車を自分の運転で走らせるというのも醍醐味です。自分だけの空間を持ち歩くような感覚で移動できるのです。それは非常に素晴らしい空間ではないかと思います。そして、だれにも邪魔されない空間でもあると思います。そういった様々な側面で語ることのできる存在だということができるのです。そういうものは、他になかなかないと思います。非常にめずらしいということもできます。

おすすめリンク

Copyright 2017 意外と知らない自動車に関する基礎知識 All Rights Reserved.