車のマナーをどう改善していけばよいのか

意外と知らない自動車に関する基礎知識
以前から車のマナーというのは問題になっておりどう改善していけばいいのかがテーマになっています。車のマナー違反によって多くの人がその被害にあっていますけど、今でもその被害は収まる気配はないです。車というのは日本では主流の移動方法ですし、このマナー違反を早く改善していく必要があります。そこで警察ではさまざまな方法を取り入れています。例えば飲酒運転などの罰則を強化したり、無免許運転もそうです。結果的にマナー違反数は減ってきていますけど、まだなくなったわけでもないですしこれからもマナー違反車の罰則の強化であったり、他の改善方法も取り入れる事が必要です。今は、運転免許の更新では講習が開かれていて、違反者に対しては数時間の講習と長めとなっています。

ただ、大きな違反者に対しては長時間の講習だけでなくて実技講習も行う必要性がでていると思います。運転に問題があるのですから、きちんと実技講習をして違反者の運転がどのようなレベルなのかを確認する必要がありますし、問題があればしっかりと講習しなければならないです。時間がかかったり、人数が多いと対応するのが難しいですけど、考えなければならない事です。運転マナーが改善されればもっと日本は平和な国として世界からも見られますし、安心して私たちは暮らせるようになります。そのためにも運転マナーの意識を国全体がさらに高める必要がありますし、一般市民の人も強い意識を持って運転していく必要があります。

最近、高齢者の自動車アクシデントの増加がニュースにもなっています。歩行中に交通アクシデントに遭ってしまう、その次に多いそうです。それを少しでも減らすために、自動車運転免許の自主返納を促す動きが出てきています。しかし、地方では、自動車が運転できなくなると言うことは、自分の好きな時に、好きな場所へ移動できなくなると言うことと同じ意味です。また、車内はひとつのプライベート空間ですから、公共交通機関を利用するのが苦手な人にとっては、車だからこそ出かけると言った側面もあります。そういった意味では、高齢者が自宅に閉じこもりがちになってしまうなどの反対意見も出ています。バス停や駅に行くことが困難だからこそ、地方では年齢を重ねた人ほど自動車が必要と言う現状があるのです。

おすすめリンク

Copyright 2017 意外と知らない自動車に関する基礎知識 All Rights Reserved.